FC2ブログ

詩集・ここに居るのは

Byはちみつ色の陽だまり

-
― ここに居るのは ―


果てること無き時空を旅して ここに居る

酔いしれる記憶など無いけれど

無性に好きなモノと嫌いなモノがある


どことも知れず湧いて来る 祈りと怒りは…



自分から見た大義は真逆を指す

それは過去の自分が歩んで来た事柄

生かされる学びの中で

心穏やかな解決方法を見出そうと、今ここに居る



風が通り抜けるだけの石の欠片 殺伐とした大地は 

これ以上の悲しみを広げない為の固まりとなって



それでも愛を抱いた雅(みやび)な者が 

たった一枚

干からびた葉っぱを我が胸に刺し 

優しき笑みを浮かべて 朽ちて行く


壮大な時間がどれくらい過ぎたのだろう…


愛しき光と哀しき陰の中で 今

途絶えることなく儚き命が咲いている 


470 満濃公園のポピー
(2015年4月・まんのう公園・ポピー)

2018年 3/7  ― はちみつ色の陽だまり ―
スポンサーサイト
Share