老いる、進行形を見ながら…

Byはちみつ色の陽だまり

-
まるで登校前の子ども達に◯◯持った? あれは?

そう確認する様に、食事の時もお風呂の時も声を掛ける事が増えて来た。


言わないと服用している薬もスルーしたまま。

「飲んだの?」と尋ねれば 「あ! 忘れた💦」 毎回の流れ。


「忘れた」 「知らない」 「聞いてない」 これらの単語を一日何回耳にするだろう…。



その都度、「もっと早く言えばいいのに」 義母は機嫌を損ねてしまう。


少しずつ積み重さなる重さ、息苦しくなって来たこの頃。



どんなに陽だまりが注意を払っていても四六時中見ては居られない。

ご存知の通り陽だまり自身、不定愁訴に見舞われている時もある。


そんな時に限って、ダメだと言う事をやってくれる。




それが老いると言う事なの?


それとも心の中では「フン💢」って気持ちでいるのかな?



後者の方が自分の意思があって、まだ安心できる要素はある。


だけど、前者なのだろう… と思う場面が増えて来た。



昔の事は鮮明に覚えている。

今の出来事かと間違えるくらい元気に語りだす。



でも、3日前の事は殆どかみ合わない。

カレンダーに大きく印を入れても、見ていない&知らないと言い張って…


時間の感覚も薄れて来た様に思う反面、相方が在宅の時は正常で

(↑ソレはわざと私を困らせているようにも思えるけれど)




忘れてしまう(老いる)のが、こんなに怖い事とは思わなかった。



♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪


みなさま おはようございます。

はちみつ色の陽だまりです。


昨日は肌寒いダークな曇天模様。

藤の花に遊びに来るマルハナ蜂さんや足長さん達も来なかったょ。

600 フジ


毎年の光景、パステルの彩り♡

600 カモミールたち



今度は陽が射している時に撮るね♬


◯.。₀:*゚✲゚*:₀。◯.。₀:*゚✲゚*:₀。◯.。₀:*゚✲゚*:₀。◯.。₀:*゚✲゚*:₀。


本日もご訪問をありがとうございました。

次回もお会いできるのを楽しみにしています。
スポンサーサイト
Share